スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボドゲしおvol.2 レポ的な?その2

本格的に春らしくなってきてそろそろ上着の枚数も1枚減らしてもよさそうです。
こんにちは、あしおです。
冬は部屋に籠ってボードゲームばっかしてたけども、この時期だとお花見ボドゲってのも面白そうですね。
ちょっと重めなゲームをじっくりやってみるのもいいかも。
今回もボドゲしおvol.2で遊んだゲームを紹介していきます。

シンプルなルールでもじっくりと思考しちゃう『ドメモ』!!
1から7まで数字の書かれたタイルを、自分だけが見えないように(相手にだけ数字が見えるように!)並べます。
その状態で自分の手持ちのタイルの番号を当てていくというゲーム。
それぞれのタイルは数字の枚数だけ存在します。
たとえば「1」なら1枚、「2」なら2枚、、、「7」なら7枚という感じ。
「じゃあ相手のタイルを見て、そこに無いタイルが自分のとこにあるってわかるじゃん!」となりますが、数枚のタイルは表にしないままゲームから取り除いちゃうので、自分の手元にあるタイルは何なんかわからなくなってしまいます。
ルールも1分もあれば理解でき、1度やってみれば誰でもざわ・・・ざわ・・・出来るオススメのゲームです!
またこのゲームのいいところは入手のし易さにもあります。
案外近所の書店に置いてあるってこともあるので、今度探してみてはいかがでしょう。
DOMEMO (ドメモ)DOMEMO (ドメモ)
(2009/03/05)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る




ここらへんから人数もちょいちょい増えてきて、ちょっとプレイ時間の長いゲームもやってみようということでやってみました『ナイアガラ』!
我々冒険者がカヌーに乗ってナイアガラの激流にもまれながら宝石を入手していくゲーム。
このゲーム、なんといっても素晴らしいのが河の流れを表現したギミック!
透明なタイルをスライドさせていくことで、その上に乗ったカヌーがまるで河に流されていくかのように見えます!
また、ゲームの箱自体を使うことで滝の高さも再現しており、見てるだけでもワクワクしてきちゃいます。
ナイアガラ
それぞれのプレイヤーは毎回どれだけ河を進むかをカードで決めます。
使ったカードはしばらく手元に戻ってこないので、前半でたくさん動けるカードばかり使っていると、後半バテて激流に流されちゃうかも。
折角カヌーに載せた宝石も、ちゃんとスタート地点まで持って帰らないと得点にはなりません。
河の流れはも刻々と変化し、他の冒険者に宝石が盗まれることもあるため、宝石を載せてから無事に帰るまでが勝負のポイントとなるでしょう。
ところでナイアガラって宝石採れるんですかね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。