スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

こんにちは、こんばんは、もしくは初めまして。
ボドゲしおの主催をやっております、小島芦尾です。
今回は「そもそもボードゲームってなに?」ってとこから始めてみようと思います。

ボードゲームというと、子供の頃に家族や親戚とやった人生ゲームや野球盤なんかが浮かんでくると思います。
それらもボードゲームであることは間違いではありません。
このゲーム会で遊ぶボードゲームというのは、「さいころやカードを使って行うアナログ(非電子型)ゲーム」を指します。
ドイツゲームなんて呼ばれることもあります。
ドイツ?ドイツのゲームなの?というかなんでドイツ?日本語しか読めないよ???
じゃあなんでドイツなんてついてんのかというと単純にドイツの作者だったりメーカーが多いからというそんな理由です。
なので別にドイツ以外で作られたゲームもたくさんありますし、日本語に翻訳もされてますので問題なく遊べます。
ややこしいですね。私もそう思います。

そんなボードゲームですが、その魅力は、以前の記事でも話した通りその見た目の良さにあります。
しっかりとした木製のコマ、テーブルに広げると思わずわくわくしちゃうボード。
写真で見ても可愛いですが、実際に手にしてみるとその見た目、質感にきっと驚くと思います。
ここらへんはテレビゲームには無い魅力です。

また、大人から子供まで幅広く楽しめるのも特徴のひとつです。
日本では「ゲーム=子供っぽいもの」というイメージが強いですが、むしろこのボードゲームは大人も楽しめる、むしろ大人だからこそ楽しめるものが多くあります。
交渉で相手を味方につけたり、先の先を読んで戦略を立ててみたり、ハッタリをかましてみたり、いちかばちかの賭けに出てみたり・・・。
運と戦略がほどよいバランスで組み込まれており、どれも一筋縄ではいかないゲームばかりです。
きっとその奥深さに熱中してしまうことでしょう。

長々と話しましたが、まだまだピンとくる説明が出来てないと思います。
私自身文章を書くのが得意ではない、そもそもボードゲームってなんなのかを十分理解できてないってのがありますが・・・。
それは・・・まぁ、おいおいね?
このブログを通じて、「ちょっとこのゲーム気になるな」や「ゲーム会に参加してみようかな」と思える人が1人でも増えてくれればと思います。
ボードゲームの魅力をより多くの人に伝えられるよう頑張ります!(布団の中から更新
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。